昔はちっとも気持ちにならなかったんだけど、最近になって実に背中が痒いんですよ。

終日むず痒いというわけじゃなくて、お風呂から出た時や汗をかいたら気になるから、もしかしてそれが関係しているのかな?と思っているところです。

そういえば、ファッションのタグが皮膚にあたるという痒くって、全て取ってしまいました。

「いつからお肌がこんなにも弱くなったんだろう」と思ったけど、気になるようになってしまったのは仕方ないですからね。

只今体の者に変化があるだけで、顔の方には気になる具合は出てきていないので、マンネリが変った・・・ということでもなさそう。

もしかして肌荒れではなくて、着ているファッションの質が小さいのかもしれませんよね。

そうやって考えると、身に付ける一品や皮膚に直接的扱う一品において、一段と敢然と確認をした方がいいのかも。

本当は背中が痒いような気がしてから、カラダソープを乗換えたけど、下着も見直してみようと思います。

若い頃って、少しぐらい無理をしても話なかったけど、これからお年の事を考えて、駄目は出来なくなってきたなぁって思うんですよ。

最近は徹夜なんてしていないし、したとしたら確実に次の日動けなくなっちゃいます。

それほどじゃなくて、疑いしなくちゃいけないのは形相。

クマも凄そうだし明らかに「寝不足だよね」という感じになりそうで、怖くて出来ません。

教科書をよむのが好きで、大学生の内は熱中して読んでて、気がついたら朝だった・・・なんて事もあったけど、最近はお肌の事を第一に考えて、夜は遅くても11時折眠るようにしています。

それに近頃は口にするものを気をつけるようにしてますね。

「これを食べたら体調に良さそうかも」という前提で選んでいるんだけど、そうするとどうしてもお肌にも良いものを食べてあるような感じがします。

勿論無理をしない範囲で気をつけるようにしていますが、これをすると暴飲暴食することもないのでおすすめです。

忙しくなると「心をぶち壊す」といいますが
そういう心的概況がストレートに判るのは
お肌の概況・・・肌荒れですね。

陽気の変わり目は 
心身の兼ね合いがひずみぎみだ。

翌朝、鏡をみたときは悲惨のひとこと!
肌荒れは、まさしく心身の異常のシンボル
心身の異常が人まねになるのです。

そんなときは、体のなかからキレイにするのはもちろん
お肌のバリア能力を決めることが大切です。
つまり、お肌を外敵から続けるメークアップ水
一際「野放しセラミド」を含んだメークアップ水がお勧めです。

セラミドは、元々人体におけるものですが
野放しセラミドは動物性なので人間の人体にも近所
お肌のセラミドの能力を全員まかなうことができるのです。

セラミドには、野放しセラミドのほかにも
「植物性セラミド」や
酵母からつくられた「バイオセラミド」
石油を根源とした「組み合わせセラミド」もあります。

ただし、お肌を続けるために取り扱うメークアップ水だから
根源には「執着心」が必要です。
ですから、お肌において一番楽しいのは
さすが野放しセラミドだ。