『赤信号、みんなで渡れば怖くない』の根性

再び冬場舞台ですね。暑い暑い言って空調をつけていたのが気づいたら暖房をつけていました。

気づいたら変わっていたものの1つにお酒があります。夏はビール、ハイボール、泡盛、冬場は日本酒、酒類、といった具合に。

自分はお酒が好きで家で独自の時もぐっすり呑むのですが、休肝日など気にせずに飲んでいたら、飲んだ日を数えるによって飲んでいない日を数えたほうが特に手っ取り早い。ましてや、ひと月に飲んでいない日を数えようといった思ったら片手で足りるほど。幾らか呑みすぎかなと思っても私の近辺はお酒好きが多く、自身飲ん現れるし大丈夫大丈夫といった気持ちよく飲んでます。

快く飲むというと、私の好きな書物のひとつに『当夜、すべてのバーで』という中島ところもちゃんの誌がありまして、簡単にパッケージをいうとスピリッツ癖(アル中)でボディを壊してもお酒がやめられない、というおしゃべりだ。作者の中島ところもちゃん人間もアル中で「アル中は叔父から受け継いだ」とも言っていたそうです。

その書物で忘れられないケースが一種ありまして、アル中の主役がスピリッツはボディに悪いといった内容の誌を読みながらお酒を飲み込むというケースだ。

ボディに悪いという理解を得ながらその動作を行う。何をやるんだという人が多いと思いますが、自分は異なりましたし皆さんもあてがあるのではないでしょうか。簡単な例をあげるとタバコ、ラーメン、スナック菓子だ。タバコはボディに害があるという科白はタバコのプログラムにも記載されていますが吸う人間は吸います。ラーメンは塩気が多く、また、糖尿病気になりやすいと分かりながらもラーメンびいきは多いですよね。スナック菓子も塩気や使われている油がボディに良くないという話を1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

その書物のそのケースを読んで自分は、周りのみんながお酒を飲んでいるから大丈夫という真実味というものを感じました。呑みすぎていても、周りに俺以上の人間がいる真実味があすは休肝日に決めるというコントロールを壊す元気のようなものになっているみたいです。

でも二日酔いになればさんざん呑むんじゃなかったとか、お酒なんて見たくもないとか、内省することもあるので健康は気にしながら飲み込むようにしようと思いますが。悪化にならないといった行動に移せないのはどうしても落とし穴ですなと胸中ではわかっていながら、恐らくは今日もお酒を飲み込むでしょう。日焼けでできてしまったシミを取りたい。おすすめの方法とは?