長生きすることがそんなに良いことは限らない。

ほとんど考えたくはないけれど、介護難題は誰にでもかかわってくる深刻な問題ですよね。

それほど今から気が重いのは義父母の介護だ。いずれは義自宅で同居することになってあり、夫人です私に介護の難儀がのしかかってくることを考えるとメランコリーだ。

出来ることなら義父母の介護から逃れたいですが、元気なうちはともかく、年老いて動けなくなった義父母を差し置く原因にもいかないだろうし、切りたくても切れない気掛かりだ。自分の父母の介護ならば、育ててもらった恩があるので案の定介護やる思いでいますが、義父母となるとやはり難解だ。

私の婦人は、父方の先祖(婦人からすると舅)の介護を独自でしていました。当時中学だった私は所帯を手伝うくらいで介護を手伝うことはあまりなく、父も肝要で絶えずいないし、父の姉たち大いにと言って良いほど介護に協力しなかったので婦人はちゃんと大変だったと思います。

最初の時は住まいで介護を通していたのですが、だんだん先祖は右往左往をするようになり、近くへ勝手に出かけたは良いものの、今度は帰れなくなり近所の側から電話をもらい迎えに行ったりといった、しだいに家屋だけで介護するのは難しくなってきました。そうして悩んだ末日、先祖をクリニックに取り入れることにしました。

先祖が建物に入った結果婦人もとても楽になり、モチベーションに空席ができたようです。各週末日、われわれ家族みんなで先祖に会いに行きました。

こういう一瞬思ったのは、無理に住まい介護にハマるのでなく、建物によることも必須ですなと思いました。そうして婦人常に「介護は絶対に独自でしてはいけない。必ず誰かに協力してもらいなさい。」と言います。

確かにそうですよね。婦人はなんとも苦労したのだと思います。私も義父母の介護をするときは、義兄弟といった協力しあって出向くべきなのでしょうけど、それはそれで気が重いだ。

そしたら、もしも自分の父母って義父母の介護が重なったからには大変なと思います。義父母は、私の父母よりも10年齢ほど年上なので、できるなら順番に介護できれば助かりますが、じつはどうなるかわかりませんよね。

元気で長寿なのはいいことな反面、介護講じる側に難儀がすごくのしかかるのも問題です。介護やるわれわれだってしだいに年齢をとるわけですからね。ケアマネージャーの資格はどうやって取りますか?